政策とお約束

日本共産党 みむら耕太郎の政策とお約束


みむら耕太郎のご挨拶

 憲法改悪、消費増税など安倍政権の進める悪政にストップをかけ、市民のみなさんの暮らしや福祉、平和を守るために、力いっぱい働きます。
 なによりも未来を担う若者や子どもたちが希望をもって成長できる藤沢を目指します。

藤沢市には豊かな財源があります

 藤沢市の財政は赤字だと言われていますが、財政指数は全国第8位。
 また、藤沢市「綜合指針2016」の財政収支計画では今後3年間は年間100億円以上市民の暮らしや福祉に使える財源があります。不要不急な大型公共事業ではなく、市民の暮らし第一に税金の使い方を切り替えるべきです。

福祉・子育て充実のまち
子ども医療費無料化の所得制限を廃止し高校卒業まで無料に
認可保育所の増設・保育士の待遇改善で待機児童の解消をすすめます
学生への給付型奨学金制度の対象を広げ、高校段階での給付型奨学金制度の実施を
特養ホームの増設・介護士の待遇改善で待機者解消をすすめます
国保料ひとり1万円引き下げ
ごみ処理有料化は廃止を目指し、当面は半額に
コミュニティーバスへの支援の強化と高齢者の「無料パス券」を創設を求めます
市営住宅の新規建設・家賃補助制度の創設で居住福祉政策を確立します
 
安全・安心のまち
防災無線の難聴地域解消と必要な世帯に防災ラジオの配布を
生活道路の整備と通学路の安全対策を強化します
歩道と自転車道の分離を計画的にすすめます
水害対策を強化し、防災対策の拡充をすすめます
災害を誘発する大規模開発は見直し、防災まちづくりへの転換を図ります

地域が元気なまち
国・神奈川県に最低賃金1000円以上の引き上げを求め人間らしく働ける社会を目指します
公契約条例の制定で市内中小事業者の営業と暮らしを応援します
住宅リフォーム助成制度の創設で地域経済振興をすすめます
公共事業は、地元中小企業へ発注し、生活密着型の公共事業を最優先に

憲法が生きるまち
安倍政権の憲法改悪に反対し、憲法を市政に生かします
藤沢市の平和条例を生かし、政府に核兵器禁止条約に参加するよう求めます
ジェット機爆音の解消、横須賀の米空母母港化の撤回を求めます
中学校の歴史・公民の教科書は歴史の真実を伝えるものに