2017年12月12日火曜日

藤沢市マイナンバー記載の見送りを表明

藤沢市議会の総務常任委員会が12日開かれ、マイナンバー(個人番号)の取り扱いなどについて議論が行われました。

藤沢市は毎年企業に送付をしている個人住民税の税額通知書に今年度に引き続き来年度も含め当面の間、マイナンバーを記載しない方針を明らかにしました。市は当初から税額通知書へのマイナンバー記載を進める方向で対応を検討していましたが、藤沢市の諮問機関である個人情報保護制度運営審議会がマイナンバー記載を認めない答申を出したため事実上断念した形となりました。

報道によれば、今年度上半期は全国の自治体でマイナンバーの漏えいが273件発生し、66件だった前年同時期の4倍超にのぼったことが明らかになっています。このうち過半数の152件はマイナンバーを記載した住民税の決定通知書の誤送付等が原因となっています。


委員会の答弁では市民にとっても行政にとっても税額通知書にマイナンバーが記載されていなくても何らの不利益は生じないと市当局自身が認めました。であるならば、国と一体となって住民にマイナンバーを押し付ける姿勢を改めるべきです。

もともとマイナンバー制度は国民の税・社会保障情報を管理し社会保障費を削減するための道具にしたい財界の要求から出発したものです。マイナンバー制度の廃止を求めて、国・自治体の動きを今後も厳しく注視していきたいと思います。

2017年12月8日金曜日

「民泊解禁法」施行へー違法民泊の規制を求める

藤沢市議会の厚生環境常任委員会が7日開かれ、委員として質疑に臨みました!
そのなかで市当局から住宅宿泊事業法の施行に向けた取り組み状況について報告がありました。同法は空き家・空き室を宿泊施設として提供する民泊サービスを解禁するものです。保健所設置市である藤沢市は神奈川県に代わって事務を行うことができることから、来年3月をメドに必要なルールづくりなどを行う方針を示しました。
厚労省の民泊実態調査によると、藤沢市内では施設の特定ができなかったものが44件、営業実態が確認できなかったものが1件、無許可とされたものが1件であり、自治体当局も民泊の実態がほとんどつかめていないことが明らかになっています。
質疑では日本の代表的な観光都市・京都市で急増する「違法民泊」が地域住民の暮らしを脅かしていること、ニューヨークなど世界の観光都市では都市部への民泊流入規制が大きな流れになっていることを示して、違法民泊への厳しい指導と対応こそ求められると指摘しました。
藤沢市は2020年のオリンピック・パラリンピックのセーリング競技開催都市でもあることから、民泊の急増が懸念されます。今後の市政の動きを厳しく注視し、住民本位の藤沢のまちづくりを進めるために力を尽くしたいと思います。

2017年12月1日金曜日

ヒバクシャ国際署名が市HPで紹介されています!!

藤沢市のホームページが10月3日に更新され、ヒバクシャ国際署名の外部サイトリンクが掲載されるようになりました!署名の詳しい紹介がないのは残念ですが、ホームページには「今年6月26日に藤沢市長がヒバクシャ国際署名に賛同し署名した」ことが記載されています。
私は先の9月議会で藤沢市として政府に対し核兵器禁止条約への参加を働きかけるとともに、市民に広く『ヒバクシャ国際署名』の意義を伝えるべきと一般質問で求めました。今後も市民のみなさんとともに核兵器のない平和で公正な世界をつくるために力を尽くしていきたいと思います!

2017年11月24日金曜日

12月市議会が始まります!

12月藤沢市議会定例会に市当局から提出される議案の説明会が今日開催され出席しました。 
12月市議会は12月1日~21日までの日程で開会されます。今度の議会でも市民のみなさんの要求・要望をしっかりと市政に届ける役割を果たしていきたいと思います!
 
ぜひ傍聴にお出かけください!
 
 
 


2017年11月5日日曜日

次期統一地方選に向けてーBBQと秋のつどい

11月に入り、3連休の初日3日は市内遠藤地区にある弁慶果樹園で支部・後援会員のみなさんとのバーベキューで楽しい時間を過ごしました!




晴天にも恵まれ150人の地域みなさんが参加してくだいました。さきの総選挙で2期目の当選を果たした畑野君枝衆院議員、総選挙で大奮闘した岡崎裕さん、あさか由香参院選挙区予定候補も駆けつけ訴えました!

 
次期統一地方選挙での再選必勝を目指して国政と結んで全力でがんばります!!

2017年10月29日日曜日

公民館まつりに参加しました!

藤沢市内では今週末、各地区で公民館まつりが開催されています!
28日(土)には遠藤地区文化祭、湘南大庭ふるさとまつりに参加しました。遠藤地区文化祭のオープニングセレモニーでは「自然豊かな遠藤地区のまちづくりを市民のみなさんととも進めていきます」とあいさつさせていただきました!




天気も心配されましたが、両会場とも市民のみなさんで賑わっていました!




委員会視察に参加しました

私の所属する厚生環境常任委員会の視察に23〜25日までの日程で参加しました。初日は岡山県倉敷市で市が進めている地域包括ケアシステムで薬剤師の役割に着目した取り組みを行なっている現状について、お話をうかがいました。藤沢市でも推進している地域包括ケアですが、福祉の充実を住民同士の支え合いに解消するのではなく、まず何より自治体が「住民福祉の増進」への公的責任を果たすことが大切だと感じました。倉敷市の庁舎はとても重厚感と趣がありました。


 
2日目は尼崎市に伺い、ヘルスアップ事業の取り組みを学びました。尼崎市は全庁的・全市的に健康寿命の延伸と生活習慣予防対策に取り組み、職員の循環器系疾患による休職者や長期療養者への傷病手当金を減少させるなど具体的な成果を上げている点がとても興味深かったです。住民が健康に生きていく権利を保障することは国・自治体の当然の責務です。今後も他市の取り組みに学びながら政策を深めていきたいと思います。



最終日は奈良県生駒市で地域包括ケアの取り組みについてお話しを伺いました。安倍自民・公明政権が2014年の国会で可決した「医療・介護総合法」にもとづき、要支援1、2の訪問介護と通所介護を保険から外し、市町村の「新総合事業」に丸投げしました。今年4月にはすべての自治体でスタートしましたが、先行自治体で矛盾があらわになっています。生駒市では認知症予防事業など住民の命と健康を守るために尽力していることが分かりましたが、根本的には国がしっかりと医療や介護の公的責任を果たすべきだと感じました。視察での学びを活かして、暮らし応援の藤沢市政を実現するためにがんばりたいと思います。