2019年10月9日水曜日

藤沢市議会9月定例会が閉会ー住民の暮らし最優先の市政を!

藤沢市議会9月定例会は8日、全ての審議日程を終え閉会しました。最終本会議で2018年度決算の認定について採決が行われ、共産党市議団は18年度決算の認定に反対しましたが、民主・無所属クラブ(立憲民主系)、市民クラブ藤沢(自民系)、ふじさわ湘風会(自民系)、藤沢市公明党、アクティブ藤沢の賛成多数で認定されました。

採決に先立つ討論には共産党市議団を代表して山内幹郎議員が登壇し、市が進める福祉切り捨ての行財政改革はやめ、税金の使い方を大型開発ではなく住民の福祉・くらし最優先に切り替えることを求めました。

藤沢市は「行財政改革2020」で子育て支援、高齢者福祉、障がい者福祉にかかわる33事業を選定し、対象事業を削減・縮小させ、一部負担金や利用制限の導入を行おうとしています。対象事業の一部をあげれば、障害者福祉タクシー助成事業、紙おむつ支給事業、就学援助事業などどれも市民生活に密接なものばかりです。まず「対象事業の選定」の仕方が大きな問題です。「国・県補助を上回って実施している事業」「他の自治体と比較して高い水準で実施している事業」としていますが、これ自体は本来誇るべきことであり、削減ではなくいっそうの拡充こそ求められます。

一方で藤沢市は北部地域の土地区画整理事業に2035年度までに778億円、村岡新駅建設と拠点整備事業に約300〜400億円(神奈川県・鎌倉市も負担)など莫大な税金を不要不急の大型開発につぎ込もうとしています。これらの大規模開発は行革の対象事業にはなっていません。大型開発事業を聖域化し、住民に身近な福祉施策を削減する藤沢市の姿勢は住民福祉の増進を担う自治体本来の役割に照らして到底許されません。

藤沢では来年2月に市長選挙が行われます。住民の福祉くらし最優先の市政を求めて、引き続き力を尽くします。

*討論の模様はこちらから
http://shigikai.city.fujisawa.kanagawa.jp


2019年10月7日月曜日

9月藤沢市議会定例会の一般質問に登壇しました!

藤沢市議会9月定例会の一般質問に9月18日、登壇しました。

一般質問では人権施策の充実について取り上げ、パートナーシップ制度の創設とヘイトスピーチ根絶を含めた差別を包括的に禁じる人権条例の制定を求めました。

一般質問で私は「パートナーシップ制度の創設で性の多様性と個人の尊厳が尊重されるまちづくりを進めていくべき」と主張しました。同制度の創設について藤沢市からは「自治体の先進的な事例を調査しており、様々な立場の方々のご意見もお聞きしながら研究していく」との答弁がありました。

ヘイトスピーチ根絶に向けた課題については「ヘイトスピーチ解消法も力に『ヘイトスピーチを許さない』という一致点で冷静に議論を進め、政府・自治体・国民が力を合わせていくことが重要」と指摘しました。人権条例の制定について藤沢市からは「人権に関する条例の制定を含め、多角的な視点で人権行政の推進に取り組んでいく」との答弁がありました。
このほか性暴力被害者支援、公務職場におけるハラスメント対策についても質問しました。

質疑の模様は録画中継でぜひご覧ください!

http://shigikai.city.fujisawa.kanagawa.jp/g07_broadcasting.asp




2019年7月24日水曜日

日本共産党は7議席獲得ーー夏の参院選が終わりました。

参院選の日本共産党の獲得議席が確定しました。日本共産党は比例区で4議席、選挙区では3議席(東京・埼玉・京都)の計7議席を獲得しました。比例区では1議席の後退、大阪では現職の議席を失う結果となりました。また、神奈川選挙区のあさか由香は次点となり及びませんでした。改めて、日本共産党にご支援とご支持を寄せてくださった皆さんに心から感謝申し上げます。
一方、32の1人区では10選挙区で野党統一候補が勝利し、自民・公明・維新など改憲勢力3分の2の議席を許さなかったのは重要な成果です。引き続き、参院選で掲げた公約実現、くらしに希望が持てる政治への転換を目指して私も全力でがんばる決意です。

※党中央委員会常任幹部会は22日、参院選挙の結果について声明を発表しました。ぜひお読みください。
https://www.jcp.or.jp/web_policy/2019/07/post-811.html

2019年6月12日水曜日

藤沢市議会6月定例会が開会中です!

統一地方選挙後初となる市議会建設経済常任委員会が11日開かれ、委員として質疑・討論に臨みました。

市当局から報告のあった「村岡地区のまちづくりについて」は焦点となっている村岡新駅建設の中止を求め、コミュニティバスの充実、認可保育所や特養ホームの計画的整備を進める福祉のまちづくりこそ目指すべきと主張しました。

このほか「ライドシェア推進に対して慎重な検討を求める国への意見書提出についての陳情」(神奈川県タクシー協会相模支部藤沢地区会提出)が審査され、私は「道路運送法で原則禁止されているライドシェアは運転前のアルコールチェックの義務付けなどもなく、乗客の命と安心・安全を守ることができない」と主張し、ライドシェア導入の中止を求めて賛成討論を行いました。


明日13日は市議会子ども文教常任委員会が開かれ、藤沢市の待機児童対策や幼児教育・保育の無償化に関わる市の対応が議論となります。ぜひ傍聴にお出かけください。

※インターネット中継はこちらから
http://shigikai.city.fujisawa.kanagawa.jp/g07_Video_Search.asp

2019年5月15日水曜日

統一地方選挙後初の5月臨時会が開かれました

統一地方選挙後初の藤沢市議会5月臨時会が14日開かれ、議長・副議長選挙が行われました。議長選挙では、共産党市議団の柳沢潤次団長が4票、加藤一議員が30票、白票が2票となり加藤一議員が議長に選出されました。
また副議長選挙では、有賀正義議員が34票、白票が2票で、有賀正義議員が副議長に選出されました。

藤沢市議会の会派は6会派で、日本共産党藤沢市議会議員団4名、民主・無所属クラブ(立憲民主系)10名、市民クラブ藤沢(自民系)9名、ふじさわ湘風会7名(自民系)、藤沢市公明党5名、アクティブ藤沢1名となります。

21日には第2回の臨時会が開かれ、各議員の所属委員会などが決定します。新しい藤沢市議会での各会派・政党の活動にぜひご注目ください!

2019年4月22日月曜日

2019藤沢市議会議員選挙ー2期目の当選を果たすことができました!

藤沢市会議員選挙が昨日21日未明に投開票され、日本共産党は4名全員当選を勝ち取ることができました!
 
私、みむら耕太郎は多くの市民のみなさんのご支援で2期目の再選を果たすことができました。この選挙戦では村岡新駅建設を中止し、住民の福祉くらし最優先の市政の転換を一貫して訴えてきました。

選挙戦から一夜明け、今朝は藤沢駅で前半戦をたたかった加藤なを子さん、共産党市議団4名で選挙結果のご報告。市民のみなさんからたくさんの激励をいただきました。選挙中に訴えた高齢者バス助成制度の創設、返済不要の高校生向け奨学金制度の実施、自校方式での中学校給食の完全実施などの公約実現に向けて、力を尽くして取り組んでいきます。

 
 
 

2019年4月20日土曜日

明日は投票日です。みむら耕太郎へ願いの一票を託してください!

明日は藤沢市議会議員選挙の投票日です。


この選挙戦、安倍自公政権のくらしを壊す政治を藤沢市から切り替え、
村岡新駅建設中止、くらし・福祉優先の市政を全力で訴えてきました。

大型開発優先、くらしに冷たい藤沢市政のゆがみをただせるのは日本共産党だけです。
明日は、みむら耕太郎とお書きいただき、引き続き市議会で働かせてください!