2018年5月22日火曜日

藤沢市議会5月臨時会ー今年度の所属委員会が決まりました

藤沢市議会の今年度の常任委員会人事を決める臨時会が今日開かれました。私は昨年度に続き厚生環境常任委員会に所属することになりました。
国保・介護・医療など住民生活に身近な問題を議論する委員会ですので、住民のみなさんの暮らしの声を届けられるよう精一杯がんばります。そしていよいよ来月4日から6月議会が始まります。ぜひ傍聴にお出かけください!

2018年5月20日日曜日

第30回かながわピースフェアに参加しました

今日は大和市で開催された第30回かながわピースフェアに参加しました。天気にも恵まれ、多くの方たちで会場はにぎわっていました。米軍機のジェット機爆音の解消など平和を願って毎年開かれているこのイベント。今年も各団体のみなさんの出店をまわりご挨拶させていただきました。

厚木基地撤去、米空母母港化撤回!爆音のない平和な藤沢の空を!これからも力を合わせて頑張りたいと思います。



2018年5月2日水曜日

8時間働けば普通に暮らせる社会へーー第89回メーデーin湘南に参加しました!!

照りつけるような日差しが夏を思わせるような陽気となった1日、奥田公園で開かれた第89回メーデーin湘南に約300名が参加しました。

安倍自公政権は「働き方改革一括法案」の衆院審議入りを一方的に強行し、同法はGW明けにも強行採決かと一部で報道されています。問題になっている「高度プロフェッショナル制度」は労働時間規制をなくし、残業代も払わずに24時間365日働かせることを可能にするものであり、断じて認められません。日本の労働者の悲惨な過労死・過労自殺が後を立ちません。その点で過労死基準の月100時間の残業を合法化する上限規制は「規制」の名に値しないもので、労働者の命と健康をますます脅かすものです。そもそも、裁量労働制のデータ捏造、野村不動産の過労死隠ペいなど労働者と命と健康に関わる問題でも平気でデータを捏造し都合の悪い事実を隠すような政権に「働き方改革」を語る資格はありません。

湘南地域メーデーでは「働き方改革一括法案」の廃案を求める宣言が採択されました。残業は厚労大臣告示の「週15時間、月45時間まで」。労働者の命と健康を守るしっかりとした残業時間規制のルールをつくり過労死を根絶させ、8時間働けば普通に暮らせる社会を実現させるために私も力を合わせてがんばります!



2018年4月23日月曜日

あさか由香参院神奈川選挙区予定候補が藤沢入り!

来年に夏に迫った参院選挙に神奈川選挙区から挑戦するあさか由香予定候補が20日、藤沢入りし辻々で政策を訴えました!
財務省事務次官のセクハラ問題、裁量労働制のデータ捏造、イラク日報隠蔽、モリカケ問題、世界から孤立する安倍外交ーー。内政でも外交でも破綻したアベ政治を終わらせ、国民が主人公の新しい政治へ!私も全力でがんばります!



2018年4月16日月曜日

この間なかなか更新ができずにいましたが、地域まわりや市の行事への出席など精力的に活動を続けています。先日15日は透析者の方たちでつくる藤沢市腎友会の第31回定期総会に来賓として出席しました。藤沢市腎友会のみなさんから例年市議会に提出されている障がい児者・透析者への通院支援と重度障がい者医療費助成制度継続を求める陳情について、厚生環境常任委員の一人として賛成の立場で質疑や討論に臨んでいることを報告し、「透析者の方たちの命と暮らしが守られるようこれからも腎疾患対策の充実を藤沢市に求めていきたい」とごあいさつさせていただきました。




午後は遠藤地区で開催されている「第18回竹炭祭」へ。朝からの激しい雨と風で1時間遅れでの開催となったようですが、会場は多くの市民の方たちでにぎわっていました。ブースを回りながら「地域のために仕事してもらわなきゃ困るよ」と激励も。遠藤地区の豊かな自然を生かしたまちづくりを力を合わせて進めていきたいと思います。

2018年3月22日木曜日

住民が主人公の市政へ!ーー2月市議会が閉会しました

2月藤沢市議会定例会最終日の20日、2018年度予算に対する各会派の討論が行われ、日本共産党議員団からは柳沢潤次団長が登壇しました。

党市議団は大型公共事業を聖域化し市民生活を置き去りにする藤沢市の来年度予算に反対しました。また、来年度予算でのリフォーム助成制度の廃止、道路舗装の打ち替え工事予算や小中学校の子どもたちの教育環境に大きな影響を及ぼす水光熱費の削減などを厳しく批判し、市民の暮らし第一の市政実現を求めました。

20日以降はさっそく地域をまわり市政の動きをお知らせし、住民のみなさんと対話を重ねています。住民が主人公の藤沢市政の実現へ、これからも力を尽くしてがんばりたいと思います!



2018年3月5日月曜日

暮らし第一の市政へ!


藤沢市議会2月定例会の代表質問に5日、日本共産党市議団を代表して土屋俊則議員が登壇し鈴木市政のあり方をただしました。
党市議団は憲法9条をまもり生かす市政つくることや、市民が望まない大型開発事業を見直し、子ども若者支援、医療や介護、高齢者福祉の充実など市民のいのちと暮らしを守る市政への転換を求めました。
質問の冒頭では安倍自公政権が進める憲法改悪について厳しく批判したうえで、憲法99条の憲法尊重擁護義務を行政は守るべきと指摘し鈴木恒夫市長の憲法改定の議論に対する認識をただしました。鈴木市長からは「国民的議論が高まっていくことが重要。今後も国の動向を注視していきたい」という答弁がありましたが、日本国憲法の恒久平和主義の実現を明記した「平和条例」をもつ藤沢市のトップとして安倍9条改憲にきっぱりと対峙するべきです。
暮らしの分野については来年度予算案では、市が中学校の新入学に対する入学準備金の前倒し支給実施を表明し、住民要求の実現へ前進が見られるものの住宅リフォーム制度を廃止し別事業に変更する提案がなされています。その一方で、藤沢市は市北部の土地区画整理事業には今後15年間で約400億円投入する予定です。財政の厳しさを強調しながら大型開発事業を聖域化し、住民の暮らしを置き去りにする行政の姿勢は許せません。
明日からは予算委員会が開かれます!私と山内幹郎議員が予算委員となり質疑に臨みます。住民の暮らし第一の市政の実現のために全力でがんばります!!